2010年01月15日

定年制に異論相次ぐ=自民(時事通信)

 自民党の参院選比例代表「70歳定年制」をめぐり、12日の総務会で異論が相次いだ。執行部は例外扱いを求めている山崎拓前副総裁と保岡興治元法相を公認しない方針だ。ベテラン議員を中心に反対意見が続出した。
 総務会では、野田毅元自治相が「ルールは衆院で300議席を持っていたころものだ。野党になって人がいなくなったにもかかわらず、自縄自縛となっている」と定年制撤廃を求めた。加藤紘一元幹事長も「党に貢献してきた山崎氏をなぜ認めないのか」と山崎氏を公認するよう訴えた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

<訃報>枦勝重さん61歳=ベスト電器常務(毎日新聞)
移送トキ、繁殖ケージに放鳥=40年ぶり「里帰り」-石川(時事通信)
寒気 東海地方も雪景色 岐阜で積雪8センチ(毎日新聞)
「私が変える日本の将来」土光杯に三荻祥さん(産経新聞)
陸山会土地取引 「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)
posted by 148zsmtqdg at 20:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

<掘り出しニュース>着物で生活してみません? 慶大生ら活動広める 着物で通学も(毎日新聞)

 【神奈川】大正・昭和期の着物に、今風の帽子や靴を合わせて街や学校へ--。着物を日常生活に取り入れる活動を、学生団体「慶応着物研究会」代表の中村修一さん(20)=慶応大法学部2年=らが広めている。古着物は1着数千円と手ごろな価格で入手できるため、「ジャケット感覚で手持ちの服と合わせられるのが魅力」と“和洋装”を楽しんでいる。

 横浜市港北区の同大日吉キャンパス。中村さんは週3回は着物で通学するという。12月のある日は、茶色の着物に帯締め代わりの革ベルトを合わせ、中折れ帽とニットのマフラー姿。構内を歩いても、周囲の学生は驚かない。「入学式も着物だったので定着した。『今日の帯いいね』と声をかけられることも。男性の着物は地味なので、差し色に女性物を着ることもある」と話す。

 07年に東京都渋谷区の古着物屋でアルバイトを始めたのが活動のきっかけ。08年夏、友人を「浴衣で出かけてみよう」と誘うと、「着てみたかった」と好評だった。以来、定期的に仲間と着物で繁華街を歩くように。口コミで輪が広がり、08年冬に研究会を発足させた。現在は美大生など他大学の3人を含む男女計10人がメンバーだ。

 月1回は必ず着物で通学するという、同会副代表で同大文学部2年の川合大地さん(21)は、「目立つので(本屋での)立ち読みや(講義中の)居眠りができなくなった。自分自身の意識が変わるし、人に覚えてもらえる」と気に入っている。

 横浜高島屋(同市西区)で3~6日にあった「学生対抗着物コンペ」にも参加、京大、多摩美大など9校の団体とともに古着物を展示販売した。若者から中高年まで幅広い年齢層の客でにぎわい「手応えがあった。同年代が接客すれば、若者も気軽に買えるのでは」と中村さん。「もっと着物を身近に。特別な日でなくても着てほしい」と、今後の活動に意欲を見せた。【中嶋真希】

いつでも、元気な美容師です。
お金の使い道
営業マンのまたーりぶろぐ
助産師のまたーりぶろぐ
いつでも、元気な新聞記者です。
posted by 148zsmtqdg at 00:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。