2010年01月15日

定年制に異論相次ぐ=自民(時事通信)

 自民党の参院選比例代表「70歳定年制」をめぐり、12日の総務会で異論が相次いだ。執行部は例外扱いを求めている山崎拓前副総裁と保岡興治元法相を公認しない方針だ。ベテラン議員を中心に反対意見が続出した。
 総務会では、野田毅元自治相が「ルールは衆院で300議席を持っていたころものだ。野党になって人がいなくなったにもかかわらず、自縄自縛となっている」と定年制撤廃を求めた。加藤紘一元幹事長も「党に貢献してきた山崎氏をなぜ認めないのか」と山崎氏を公認するよう訴えた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

<訃報>枦勝重さん61歳=ベスト電器常務(毎日新聞)
移送トキ、繁殖ケージに放鳥=40年ぶり「里帰り」-石川(時事通信)
寒気 東海地方も雪景色 岐阜で積雪8センチ(毎日新聞)
「私が変える日本の将来」土光杯に三荻祥さん(産経新聞)
陸山会土地取引 「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)
posted by 148zsmtqdg at 20:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。