2010年01月20日

「国民の理解得て参院選臨む」=民主・小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、福井市内で記者会見し、政治資金規正法違反容疑事件に伴う自らの進退について「できる限り公正な捜査に協力し、国民が理解できる結論を得て参院選に臨みたい」と述べ、幹事長を辞任しない考えに変わりがないことを示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

副大臣ら15人増の方針決定=首相補佐官倍増、議員数88人に-政府(時事通信)
長男に懲役4年6月=母親に暴行、傷害致死罪-新潟地裁(時事通信)
【葬送】「おい!鬼太郎」…目玉おやじ役の声優・田の中勇さん(産経新聞)
<二戸市長選>小保内敏幸氏が無投票で初当選(毎日新聞)
民間人校長採用予定者に逮捕歴、就任辞退(読売新聞)
posted by 148zsmtqdg at 17:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。