2010年04月16日

空自緊急発進299回…最多は露機の197回(読売新聞)

 防衛省統合幕僚監部は15日、2009年度に領空侵犯の恐れのある外国機に対して航空自衛隊機が緊急発進(スクランブル)を実施した回数が、299回だったと発表した。

 過去10年では07年度の307回に次いで多く、国・地域別では、ロシア機への緊急発進が197回、中国が38回、台湾が25回だった。特に、太平洋や日本海を九州・沖縄付近まで長距離飛行するロシア機の動きが目立った。昨年4月に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際には、北朝鮮機と推定される航空機に対して8回の緊急発進を行った。299回すべて領空侵犯はなかった。

遊具広場、囲って安心?孤立?…都立公園(読売新聞)
<葵祭>第55代斎王代に京都府立医大生 初の平成生まれ(毎日新聞)
西部ガス発砲 暴力団会長宅など捜索 福岡県警(毎日新聞)
山林にペット100匹の死体、業者が不法投棄か(読売新聞)
神奈川の駐屯地で結核集団感染=教育課程参加者10人発症-陸自(時事通信)
posted by 148zsmtqdg at 11:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。